HOME>コラム>英語教材を利用した独学英語学習で失敗する人の特徴

英語教材を利用した独学英語学習で失敗する人の特徴

レディ

学習レベルが自分に合っていない

実用的な英語をマスターするために教材を購入しようとしているのなら、失敗しないためには、自分のことをきちんと把握しなければいけません。自分がどのくらい英語ができるのかを知っておけば、正しい学習レベルの英語教材を購入できるからです。たとえば、『過去形や現在進行形』などは中学校で習う範囲なので、分かるという方も多いでしょう。しかし、英文を読んで瞬時に理解できないのなら、マスターしているとはいえません。そのため、簡単だと感じるくらいの学習レベルの英語教材を選んで、しっかりとマスターした上で、次の英語教材にすすむことをおすすめします。世の中にはさまざまな英語教材が売られているため、自分に実力に適切なものを選びましょう。

英語

最初からたくさんやろうとする

言語をネイティブに通じるレベルになろうとすると、かなりの学習時間が必要になります。そのため、できるだけ時間のロスを減らすために、多くの英語教材を購入して、一度にたくさんやろうとする方もいるでしょう。もしも、類を見ないほどの天才ならば、その方法もよいのですが、ほとんどの方は量に圧倒されて失敗してしまいます。英語に関わらず勉強というものは達成感が必要なので、一度に多くやろうとせずに、まずは一つの英語教材を終わらせたほうがよいでしょう。きちんと終わらせて、レベルアップしたという実感があれば、英語の勉強を続ける励みにもなります。ただし、英語教材は一通り終わらせたら完了ではなく、一つを何度も繰り返して学習したほうが効果があるといわれています。